忍者ブログ
ここは「魔法少女リリカルなのは」の2次SSをメインとしています。 ※ 百合思考です。 最近は、なのは以外も書き始めました。
ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノ
プロフィール
HN:
らさ
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1986/07/28
趣味:
SS書き・ステカつくり
自己紹介:
コメントを頂けると泣いて喜びます。
リンクフリーです。
ご報告頂けたら相互させて頂きます。


メールアドレス
yakisoba_pan◇hotmail.co.jp
◇を@に変えて下さい
当ブログ内のSSは無断転載禁止です。 恥ずかしいので止めて ^^;
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

次の記事:テーマ:タバコ

前の記事:テーマ:タバコ
感情とは質量を伴わない変化であり、他人のを受け入れられるものではない
激情と成り果てればそこで朽ちるだけであり、最終的に待つのは無感動
結局のところソレに意味はなく、また価値を付加することも出来ない
意味がなく、まさに無意味を体現したものである

(・w・) いや、お前誰だよw

そんな感じでお昼ですよ
これから、ドンキへ行くらさです

昨日の分をフェイトさんverでUPです
昨日よりはましかな?
いや、ティアが迷子なのは相変わらずかもしれない


今日の私達の目的はウィンドウショッピング。
格好良く言えばそれであり、実際は見て回りはしゃぐだけ。その後はスバル持ちで昼食。
うん、いつもと変わらない過ごし方だけど、これが大切なのよね。
変化を求める日々も大切だとは思うけれど、今まで通りのリズムを保つことも必要。大切なのはそれぞれのバランスであり、またそこからどう進んでいくのかってこと。
執務官になれば、暫くの間は遊んでいる暇もなくなるだろう。スバルだってレスキューに行ってしまう。
今まで一緒だった道が分かれて、ライトニングの子達とも離れ離れ。
目指す先が違っている以上、仕方のないことだというのは分かっているつもり。
だけど、今まで鬱陶しいくらいに一緒にいて、私のことを支えてくれていた存在と離れるとなれば、中々に心細いものがある。
幸いにして、フェイトさんやマリーさんが一緒にいてくれるけど、それだって補佐である間の話し。
執務官として独り立ちしたら、何もかもを乗り越えていかなければいけない。どこにいても、何があっても、解決していかないといけない。
我ながら、結構厳しい道を選んだものね。今からでも、慣れる様に心掛けていかないと。
「そういえば、さっきの話なんだけど」
「ん? どうかしたの?」
ネイルコーナーで楽しそうにしていたスバルがこちらを向き、話をあわせようとしてくれる。
んー、この子。こんな趣味合ったのかしら?
何にしても思いつきだけで邪魔をしてしまったわね。
「私としては、フェイトさんのほうがしっくりくるわ」
ただ、スバルには今更戻るという選択肢はないだろう。普段は元気娘そのものなのに、話が始まれば食いついてくれる。
ありがたくはあるけれど、こういったところでは我侭になっても良いと思うけどな。
「さっきのタバコの話なんだけどね。なのはさんよりも、フェイトさんのほうがイメージしやすくない?」
執務官の仕事内容は、憤りと直面することも多く、ストレスが溜まる一方だろう。
とどめに、補佐もおらず、仕事に慣れていない始めの頃は、相談する相手すらいないはずだ。
そんな時、どうやってストレスを解消するのだろうと考えれば、先程の話が蘇っていた。
移動中とかに1人寂しく車の中でタバコを吸う。そんな未来の私が、容易に想像できてしまった。
もっともタバコを吸ってストレスが解消されるというのは、思い込みの部分が強く、シャマル先生あたりには怒られてしまいそうだけど。
「そうだね。そんな気もするなぁ」
タバコを吸っていて有利になる点なんて1つもないし、そんな未来は全力で回避しないといけないけど。
想像するくらいなら良いよね?
「なのはさんは、どっちかって言うと可愛い系でしょ? それに対して、フェイトさんは綺麗系というか、格好良い系だし」
「執務官にタバコ……ん~、ティアも分かってますなぁ」
可愛い人にタバコよりも、格好良い人にタバコの方が似合う。
勿論、現実的に吸っているかどうかなんて、この際後回し。
お2人には悪いけど、ちょっと話の種になってもらおう。
「別に執務官だからって訳でもないけどね。ただ、なんとなく似合いそうだなって思っただけよ」
「あは、その感性が大切なんだよ」
「どうせなら、訓練とかもっと別の場所で発揮したいものね」
センスや感性という物は、指揮官クラスを目指しているのであれば必要になってくるだろう。
才能によって補っている人もいるけれど、実際のところは知識であったり経験を活かしている人が多い。
私自身、別に隊長クラスや指揮官を目指すつもりはないけれど、執務官として現場を仕切ることもあるでしょう。その時に、何も持っていないのではここでの教導も、経験さえも全て無駄にしてしまう。
「あはは、上手くいかないものだね」
「けど、スバルも良いところいっているかも」
それに、思いつきという点で言うのであれば、私なんかよりもスバルのほうが数段上だ。
難しいことを考えている時よりも、無意識にぽろっと出てきた意見が状況をひっくり返すこともある。
今のまま、見上げたままでいるつもりはないけれど、現実はしっかりと受け止めなきゃ。
「どういうこと? 私、何か言ったっけ?」
惜しむべきは、無意識で言っているからこそ、何を言ったか覚えていないこと。
同じような状況になっても、理論立てて説明できそうにないところかしら?
「執務官て現場への出動もあるけれど、捜査会議とかも多いわけでしょ? そういった場面では、タバコを吸っている人も多い気がするわ」
「そっか、そうだよね。となると、なのはさんに隠れて、こっそり吸ったこともあるのかな?」
私自身、タバコを吸う人に出会ったことはないけれど、根絶されてしまったわけではない。
実際に世界を渡ってしまえば、例えばなのはさん達の故郷である地球では、今も普通にタバコを吸っている人がいる。
まぁ、嫌いなものは嫌いだし、苦手な物は苦手なんだけど。
「んー、それはどうかしら? フェイトさん、なのはさん相手に隠し事なんて出来そうにないけど」
フェイトさんは、なのはさんに弱い。実力的な意味でなくとも、精神的にはなのはさんの方が上であるように感じる。
2人の出会いや、その後に起きた事件を知っている今、何となくは分かるけど。それだけじゃないんだろうなー。
勿論、職業柄話せないことはお互いにあるだろうし、そこら辺の線引きは問題なくやっているみたいだけどね。
「ラブラブだから見抜かれちゃうもんねー」
スバルも私と同じような結論に至ったらしい。
けど、それだけではないと思う。
「それもあるとは思うけど。ほら、フェイトさんて被害にあった子供達を保護しているでしょ?」
「解決だけでなく、フォローまでバッチリ。うーん、私達もなれるかなぁ?」
「どうかしら? そこら辺は私達の頑張り次第なんだろうし、困った時には相談に乗ってくれるんじゃないかしら?」
フェイトさんが主に担当しているのは、子供が被害にあっている事件が非常に多い。
比率的なものから考えると、本人が志願しているのでしょうけど――きっかけを知ってしまっている以上、微妙なところもあるわね。
「何にしても、怯えていたり、不安な心を抱えたままだったり、そんな子供達を相手にするのにタバコを吸うのはよろしくないわね」
「別に、一緒にいる時に吸わなければ良いんじゃない?」
「駄目よ。タバコの匂いはきついから、吸わない人間にはすぐに分かる物よ。あんたの鼻なら、よく分かるでしょ?」
吸っている本人達は、どれだけ気をつけても無駄。
自分自身の身体の中から匂っているというのに、分かるわけがない。
もっとも、禁断症状でも出ていれば別でしょうけど、それ以外で気付くなんてまず無理ね。
何にしても、吸っていない人間には非常に不愉快だし、健康被害を考えるのであれば、根絶しちゃっても良いのかもしれない。
「んー、似合いそうだけど環境的に無理だね~」
「細めで、それなのに恐ろしいほどにきつくてクラクラするような、そんなタバコを吸っているフェイトさん。絵にはなるけれど、無理して吸うほどの物でもないわね」
環境的にも、性格的にもあわないものなのでしょう。
だからこそ、どうやってストレスをにがしているのか、心を落ち着けた状態で戦い続けているのか、それを知らなくてはいけない。
それを知って、私自身に応用できるようにしなければ、何の為に補佐をさせてもらうのか、分からなくなってしまう。
「あはは、自分から言い出したのに淡白だね」
「そうね。自分で出だしといて、これはないわって思ったのよ」
憧れるだけから、目標とすべき人物へ。雲の上の存在ではなく、確かな実感を伴った人間へと。
この部隊で学んだことは技術的なことだけではなく、精神的なものもを多い。
それを無駄にせず、今後に生かしていけるかは私次第。

――もっと頑張らなきゃ

PR
次の記事:テーマ:タバコ

前の記事:テーマ:タバコ
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
ピックアップ
web拍手
VOCALOID関係
その他リンク
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ