忍者ブログ
ここは「魔法少女リリカルなのは」の2次SSをメインとしています。 ※ 百合思考です。 最近は、なのは以外も書き始めました。
ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノ
プロフィール
HN:
らさ
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1986/07/28
趣味:
SS書き・ステカつくり
自己紹介:
コメントを頂けると泣いて喜びます。
リンクフリーです。
ご報告頂けたら相互させて頂きます。


メールアドレス
yakisoba_pan◇hotmail.co.jp
◇を@に変えて下さい
当ブログ内のSSは無断転載禁止です。 恥ずかしいので止めて ^^;
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

・w・) 冬コミ受かってました。日曜日だそうです。

はい、前置き終わり
ここいらから、シフトチェンジしつつ、頑張るです


個人的に好きな、目だけで会話をしているシーン
そういったものを目指したのですが、変に歌にあわせようとしてのが悪かったですね
そろそろ、お互いに溢れてしまうはずなので、行動に移らせてあげたいものです




 人の心は分からない。どれだけ親しい人でも、どんなに愛している人であっても、その心の内の全てを知ることは出来ない。
 だからこそ、嬉しいと思える時がある。予想もしていなかったようなことが起き、あたしを惹きつける。
 けれど、悲しいこともある。分かり合えずに喧嘩すること。分かってもらえなくて、イライラしてしまうこと。笑顔の下に隠されている、本当の気持ち。
 友達だった時も、恋人になってからも、全てを生めることは出来ない。
 
     通じ合うもの
 
 
 独り悩んでしまい、落ち込む夜もある。彼女とのおしゃべりで、過ぎ去ってしまう夜もある。
 そのどちらも同じ時間なのに、どうして心がうずくのかしら? ありすといられるだけで、強くなれる気がするのはなぜ?
 今だってそう。みんなと一緒にお茶を飲んでいるのに、2人きりではないのに。ありすの視線に熱を感じてしまって、くすぐったく感じてしまう。
 何気なく目が合う瞬間に、この子のことが好きなんだって、心が暴れだしてしまいそうになる。
 太陽のように輝く笑顔、優しく包み込んでくれるような声、柔らかく受け止めてくれる手。その全てを独り占めしたいと、そう思ってしまう。プリキュアだというのに、プシュケーが黒く染まってしまいそうになる。
 そんなことは許されないのに、ありすを愛している証なのだとしたら、それもありかもしれないと、心が揺れてしまう。
 あたしはこんなにも苦しんでいるというのに、ありすは何を考えているのかな? ありすは今、どんな気持ちでいてくれるのかな?
 私のことを好きと、そう感じてくれているのかしら? 何を考えているのか、気になってしまうの。
 友達ではなく、恋人として。もう、友達には戻れない、恋人として。この甘いトゲが刺さり続けていくことを、どこまで耐えられるのかしら?
「ねぇ、ありす」
「お呼びですか、真琴さん?」
 あたしの呼びかけに、目をそらすことさえなく応えてくれる。目が合うだけで真っ赤になって、何も出来なかった頃が懐かしく感じられてしまう。
「ごめんなさい、なんでもないわ。ちょっと、呼んでみたかっただけ」
 今のあたしは、前のように初々しさはないのかもしれない。
 ただ、絆は深まり、ちゃんと恋人としていられるから、いつでもありすを見つめていられる。たくさんの人の波にのまれたとしても、あなただけを見つけ出すことが出来るわ。
 探さなくても、感じることが出来る。ありすと繋いだ温もりが、あなたへと向かい続ける想いが、あたしに教えてくれるの。
「あら、それは嬉しいですわ」
 揺れるほどに大きくなってしまった恋心。それは痺れるような甘さと一緒に、あたしの中で成長し続けている。どこまでも、限界などないように、成長している。時々、暴走してしまいそうになることもあるけれど、ありすの隣にいられるのなら、それも悪くないのかもしれない。
「ふぅ、おふたりの熱気に当てられてしまい、疲れてしまいましたわ」
「確かに。ちょっと、蚊帳の外に置かれている感じがするわね」
 不満を言う友達が、すぐ傍にいてくれるのもありがたい。あたし達がやり過ぎないように、今の関係を続けていられるように、協力してくれているのだから。
 拒絶することもなく、笑うこともなく、応援してくれる。幸せになってと、伝えてくれる。
 だからこそ、気づいてしまうのかもしれない。ありすの側を離れた時、気づいてしまう。
 あたしを包んでくれている優しさに。あたしに向けてくれている、その気持ちに。そして、それに負けないくらい、あたしも好きなだってことを。
 戦いが厳しくなり、そろそろ山場を迎えることになるでしょう。その時、その後で、ありすと一緒にいられるかは分からない。
 分からないからこそ、今の時間を刻み付けていく。この心と身体に、四葉ありすという存在を感じている。
 悲しい結末は望みたくないけれど、どうなるか分からない以上、高望みをすることもない。
 ありすの側にいて、笑顔を見られるのなら、あたしは幸せになれるのだから。こうやって、みんなでお茶会を開くのも良いかもしれないわね。
 
――今のままでいることも、悪くはないわ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
ピックアップ
web拍手
VOCALOID関係
その他リンク
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ