忍者ブログ
ここは「魔法少女リリカルなのは」の2次SSをメインとしています。 ※ 百合思考です。 最近は、なのは以外も書き始めました。
ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノ
プロフィール
HN:
らさ
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1986/07/28
趣味:
SS書き・ステカつくり
自己紹介:
コメントを頂けると泣いて喜びます。
リンクフリーです。
ご報告頂けたら相互させて頂きます。


メールアドレス
yakisoba_pan◇hotmail.co.jp
◇を@に変えて下さい
当ブログ内のSSは無断転載禁止です。 恥ずかしいので止めて ^^;
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タイトルのいれ方、変更します。
tabキーでのスペースって、web上では削除されるんですね。知らなかったんです。
いや、ホントすみません。

反省ついでに、ここからは甘い話が続くはずです。辛い話は、前回までで終わったはずです。

ありまこ やわらかさと温かさと


でも、キスシーンにはまだ辿り着けないという不思議仕様
まこぴーがヘタれなのと、お嬢様が現状を楽しんでいる以上、難しいです



 この広い世界において、独りではないというのは心強いものです。傍にいてくれる、愛しい人を見つけられたというのは、本当に幸せなことです。
 お互いの気持ちが通じ、自らの恋が実り――収穫されることは無いのでしょうが、わたしの心の中で大きく育っていくのを感じます。
 想いが費えることもなく、願いが潰えることもなく、ただ幸せな未来を目指し、2人で歩いていく。どこにたどり着くかも分からないのに、そこに幸せがあると、そこで幸せを見つけられると、そう信じて歩き出せる。
 恋とは、素晴らしいものです。今まで知らなかったことを悔いるほどに、心を満たしてくれます。
 愛とは、素晴らしいものです。笑顔を見られるだけで、傍にいられるだけで、わたしの日常が彩られていきます。
 真琴さんと過ごす日々、真琴さんの隣にいられる日常。これからもずっと続いて欲しい、わたしにとっての大切なもの。
 実現する為には、やはり日々における精進が大切なのでしょう。
 
 
     やわらかさと温かさと
 
 少し前に弱いわたしを見せてしまい、つい先日にいたっては汚いところまで、真琴さんにお見せしてしまいました。呆れられてしまうような独占欲、それでいて自信を持てないわたし。正直なところ、お荷物になっていないか、重荷になってしまっていないか、心配でした。
 真琴さんは、見えない未来であっても恐れることなく進める方です。自らの力を信じて、未来を切り開いていかれます。傍で見ていたはずが、置いていかれていても何も不思議はありません。
 立ち止まって頂くには申し訳なく、だからといって同じ速度で進んでいられるとは思えません。後ろを付いていくような、先導をお任せしてしまうような、情けない立ち位置となってしまうでしょう。
 嫌われるかもしれないと、危惧したこともあります。捨てられてもしょうがないと、諦めたこともあります。
 ただ、真琴さんは全てを受け入れて下さいました。今のわたしも素敵だと、恋人でいて欲しいとお願いまでされました。
 その願いに応えられないほど、わたしは弱くないつもりです。諦めてはいても、心を折った覚えはありません。嫉妬にまみれるほど、わたしの恋心は燃え上がっているのですから、その言葉には大いに釣られましょう。
 わたしが、わたし自身を疑う暇を与えないほど、真琴さんを愛しましょう。他の事を考えられないほどに、頭の中をいっぱいにしましょう。
 そうすれば、求めることもなく幸せであれるのですから。
「ありす、ちょっとだけ苦しいよ。それに、恥ずかしい」
「あら? わたし達だけですのに、何を恥ずかしがる必要があるのですか?」
 ぎゅっと抱きついていると、何かが補給されるような、不思議な感覚があります。真琴さんから、温かいものが注がれているような、幸せな気持ちになります。
 真琴さんの温かさが、わたしの心を包んでくれます。無駄に悩み過ぎるくせのある、わたしの心を癒してくれます。
 真琴さんのやわらかさが、私の心を満たしてくれます。寂しかった時間も、苦しかった過去も、全てを幸せで埋めてくれます。
 このように素晴らしい時間を過ごしているというのに、どうして止められましょうか。鼻をこすりつけるだけで香る、甘い香りから逃げることなど出来ませんわ。
 欲情が爆発しない程度に、しかし甘い時間を否定するようなことはせず、上手にバランスを取っているつもりですのよ?
「2人きりでも、恥ずかしいものは恥ずかしいよ。あたしがドキドキしているの、ありすは知っているでしょ?」
「ええ。この素敵なやわらかさを持つ、素晴らしい場所の奥から激しい鼓動が聞こえますわ。どくんどくんと、何かを求めているような音が、しっかりと聞こえていますわ」
「求めてないよ、これ以上のことは求めてないよ。これ以上激しいことされたら、あたしの心臓が壊れちゃう」
 あら、それは大変ですわ。いつまでも、進展しませんよ?
 わたしだけの勇み足では、何も始まりませんわ。真琴さんにも慣れて頂きませんと、そろそろキスくらいは望ませて頂きたいものです。
「そのように、可愛らしいところをお見せ頂くので、我慢出来なくなるのですわ」
 可愛い反応を楽しみつつ、進展しないことには多少のじれったさを感じてしまう。
 赤く染まっている頬に口づけをすれば、どのような反応を見せて頂けるのでしょうか? 反撃して頂けるのでしょうか?
 想像するだけで胸の内が高まり、頭をぼーっとさせてしまいます。まったく、こんなわたしを見せられるのは、真琴さんだけですのに。そのことに気付いていらっしゃいますか?
「ありすはズルいよ。上手に攻めてくるから、恥ずかしがる姿を見せてくれないし。あたしばっかりやられてて、損した気分になるよ」
「あらあら、それは大変ですわ。真琴さんに、お恥ずかしいところを見せるわけにはいきませんので、もっと積極的に責めさせて頂きますね」
「人の話、聞いてる? あたしにも、可愛いありすを見せて欲しいって言ってるのに」
「ふふ。真琴さん、ねだってはいけませんわ。恋とは戦争です。素晴らしいものは、全て勝ち取るのです」
 陥落されてしまっては、真琴さんのお顔を拝見することすら、ままならないでしょう。恥ずかしいと逃げてしまえば、責められっぱなしになってしまいますわ。
 恋愛とは、わたし達の間だけで行われる真剣勝負です。いかにして篭絡させるか、幸せな時間をつかみ取るか、手を抜くわけにはいきませんわ。
「もう、そんなこと言うありすは嫌いだよ?」
「あら、好きの裏返しであることは心得ておりますから、その程度では退きませんよ? 甘いですわ」
 子猫のようにじゃれあっていられる時間は、もしかしたら今しかないのかもしれません。関係が発展してしまえば、このようにのんびりと愛を育む余裕は、なくなっているのかもしれません。真っ赤になっている真琴さんも、慣れてしまえば攻めへと転じることでしょう。
 いつかくる、より深い幸せの時間の中で後悔しない為にも、今の幸せも余すことなく頂いておきませんと、真琴さんへ失礼ですわ。
 いつまでも甘い責め方はしませんので、覚悟して下さいな。
「最近、ありすが怖いことがあるんだけど、どうしてかな? お皿の上に載せられて、食べられるのを待っているような、そんな錯覚をするんだけど。心当たりない?」
「そんな簡単なこと、確認されるまでもありませんわ。全て、真琴さんが可愛らしいのが悪いのです。いつでも食べてしまいたくなるような、甘い果実を演じているから、そのように感じるのですわ。責任、取って下さいます?」
「それって、物凄く理不尽だよね? あたし、何も悪くないよね?」
「いえ、全ては真琴さんの責任ですわ。可愛いということは、罪ですの」
 可愛いものを愛でたいと、愛しい者を抱きしめたいと、そのように感じるのは普通のことです。要因を作っているのは、全ての原因となっているのは、真琴さんの可愛らしさなのですから。それに応じた償いをするのは、わたしに可愛がられるのは、当然の報いです。
「それなら、ありすも一緒でしょ? ありすも可愛いのに、あたしだけ抱きしめられてるなんて、不公平よ」
「ふっふふ、なんとでも言って下さいませ。今日はわたしが真琴さんを愛でると、抱きしめ続けると決めたのです。悔しかったら、わたしを抱きしめれば良いのですわ」
「そ、そんなこと出来ないって、ありすが1番知っているでしょ?」
 ええ、良く知っていますわ。恥ずかしくなったらうつむいてしまうことも、いつもの格好良さがどこかへ行ってしまうのも、知っていますわ。
 だからこそ、このように抱き枕にもなって頂けるのですから、もう暫くは直していただかなくても結構ですわ。
 はぁ、こうして抱きしめていると実感出来ます。一方出来に愛でるのも、中々に良いものですわ。恥ずかしがっている表情は、しっかりの脳裏に焼き付けますから、もっと見せて下さい。
「幸せなはずなのに、何か間違ってる気がするわ。これも、あたしが悪いの?」
「真琴さんが恥ずかしがらずに、今の時間を満喫できるようになれば、自然と変わりますわ。それまでは、今の形が続くものと思って下さいませ」
 幸せには様々な形がありますから、どれが1番というのは決められません。今感じている幸せが、最大のものではないはずですから。真琴さんに愛でていただける日も、楽しみにお待ちしておりますわ。
 それこそが恋人としての成長であり、未来へ向かって踏み出せたということになるのでしょう。
「すぐには難しいけど、あたしもありすを抱きしめたいし。いつかは直して見せるんだから」
「頑張って下さい、真琴さん、応援していますわ」
 わたし達の幸せの為に、真琴さんが努力してくださるのも、幸せの1つ。今の状況が続いていくのを楽しめれば、それもまた幸せの1つ。
 どのような形になったとしても、幸せは存在していますから。焦ることなく、2人で進める道を探すことにしましょう。
 
――手加減は致しませんので、心して愛して下さいませ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
ピックアップ
web拍手
VOCALOID関係
その他リンク
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ